第11章 接続詞の練習問題の解説


練習問題のトップへ
 バリわか英文法  中間、期末対策プリント  重要英単語  重要英熟語  暗記用重要文  英会話表現  英文法用語辞典
スポンサーリンク
トコトンの別冊 P.15
33 接続詞を使った文の書きかえ
① 接続詞には、文に名詞や副詞の働きを与えるものがあります。接続詞のwhenは、「(~する)とき」という意味を表し、文に副詞の働きを与えます。
I came home.(私は家に帰りました。)のほうにくっつけて、「私が家に帰ったとき」としたほうがいいようですね。日本語では、「○○が~したとき
と接続詞に当たることばが文の最後についていますが、英語では「~とき」という内容にしたい英文の前に書いて、When I came home, ~. とします。
もう1つの文の後ろに書いて、~ when I came home. としても同じ内容を表すことができますので、どちらも覚えておきましょう。

② 接続詞のthatは「(~する)こと」という意味を表し、文に名詞の働きを与えます。that をくっつけた文は、know(知っている)やthink(思う)のような
「何を?」という疑問がうかぶ動詞の後に続けるので、He can play the piano.(彼はピアノをひくことができます。)のほうにくっつけて、「彼がピアノを
ひくことができるということを」とします。日本語では、「○○が~ことを」と接続詞に当たることばが文の最後についていますが、英語では「~すること」
という内容にしたい英文の前に書いて、~ that he can play the piano. とします。thatをつけた文は、When ~, のようにもう1つの文の前に書くこと
はできません。

③ 接続詞のifは、「もし~ならば」という意味を表し、文に副詞の働きを与えます。You are busy.(あなたはいそがしい。)のほうにくっつけて、「もし
あなたがいそがしいならば」としたほうがいいようですね。日本語では「もし○○が~ならば」と接続詞に当たることばが文をはさむようについていますが、
英語では「もし~ならば」という内容にしたい英文の前に書いて、If you arebusy, ~. とします。もう1つの文の後ろに書いて、~ if you are busy. と
しても同じ内容を表すことができますので、どちらも覚えておきましょう。
スポンサーリンク