英文法用語辞典のトップ
カスタム検索
バリわか英文法   中学英語ポイントノート   中間、期末対策プリント   英文法チェック問題   重要英単語  暗記用重要文

過去分詞の形容詞的用法(かこぶんしのけいようしてきようほう)


過去分詞が形容詞と同じように名詞を説明(修飾)する働きを過去分詞の形容詞的用法といいます。

過去分詞だけで名詞の説明をする場合は日本語と同じように名詞のすぐ前に書くことができますが、
目的語や補語や修飾語などといっしょに2単語以上で名詞の説明をする場合は名詞のすぐ後ろに
書かれます(=後置修飾という)。

(例)
a broken window(われた窓)
「われた」という過去分詞だけでどんな窓なのかを説明している

a window broken by Ken(ケンにわられた窓)
「われた」という過去分詞と「ケンに」という3単語でどんな窓なのかを説明している
スポンサード リンク


過去分詞の形容詞的用法について図解を使ってもっとわかりやすく学びたい方には、「中学英語攻略マニュアル」をオススメします。
参考ページ
過去分詞
形容詞
名詞
目的語
補語
修飾語
現在分詞の形容詞的用法

スポンサード リンク