日高のバリわか英文法
中間、期末対策プリント  中学英文法チェック問題  中学重要英単語  中学重要英熟語  中学重要基本文  中学英語ポイントノート  中学英文法用語
どこの高校にも入れなかった中卒の子どもに、中学3年分の英文法を66時間で教えることに成功した塾講師の "シンプルでわかりやすい英文法の授業" が読める本です。

Part4 複数形の攻略 - 9 -

 なぜ、このような答えになるのでしょう。ポイントは何なのでしょうか。まず、5つの文に
共通することを探してみてください。

 何が共通しているのかわかりましたか。そうです。5つの文には、すべて be動詞が使われて
いるのです。そして、この be動詞の性格が、この問題を解くカギになるのです。

be動詞の重要な性格

 16ページで、be動詞は動きを表すコトバがなくて、こまったときに使う動詞であることは
お話ししましたが、この be動詞には数学で使うイコールの性格もあります。つまり、be動詞の
左側の語群(コトバのグループ)と be動詞の右側の語群は、イコール関係になるのです。

 ところで、(1)・(3)・(5)の問題は、be動詞の左側に下線が引いてありますね。be動詞には
イコールの性格があるので、be動詞の右側に、もし数えられる名詞があれば、当然、複数形に
なるはずです。しかし、この考えは日本語には当てはまりません。たとえば、日本語で同じ
ような問題を作ったとします。

 例題 次の文の下線部を複数形にして全文を書いてください。

 (1) 私は学生です。

 (2) これはペンです。


 例題の答え

 (1) たち学生です。

 (2) これペンです。


 どうです?変わったのは、下線の部分(「~は」)だけですね。英語ならば、be動詞の右側に
書くはずの「学生」や「ペン」という単語は、日本語ではまったく変化しないのです。だから、
私たちは、英語の場合も同じように考えて、be動詞の右側の名詞に特別気を使いません。結局
テストでまちがってしまい、中学1年生の前半で英語が嫌いになっていく…なーんていう運命を
たどらないように、be動詞のある文の全文書きかえ問題を解く方法をしっかりとマスターし
ましょう。
- 35 -

次へ
名詞・代名詞の複数形の攻略のトップ