バリわか英文法のトップ
中間、期末対策プリント 中学英文法チェック問題 中学重要英単語 中学重要英熟語 中学重要基本文 中学英語ポイントノート 中学英文法用語

ローマ字表

ローマ字には、日本式と訓令式(くんれいしき)とヘボン式がありますが、ここでは、中学校の英語で習うヘボン式についてお知らせ
します。尚、パスポートの氏名はヘボン式で表記することになっています。
このサイトでは、入力したひらがなの名前をヘボン式のローマ字に自動変換できます!
>> 名前をローマ字に変換する
スポンサーリンク

ローマ字一覧表(ヘボン式)


a

i

u

e

o

ka

ki

ku

ke

ko

ga

gi

gu

ge

go
きゃ
kya
きゅ
kyu
きょ
kyo
ぎゃ
gya
ぎゅ
gyu
ぎょ
gyo

sa

shi

su

se

so

za

ji

zu

ze

zo
しゃ
sha
しゅ
shu
しょ
sho
じゃ
ja
じゅ
ju
じょ
jo

ta

chi

tsu

te

to

da

ji

zu

de

do
ちゃ
cha
ちゅ
chu
ちょ
cho

na

ni

nu

ne

no
にゃ
nya
にゅ
nyu
にょ
nyo

ha

hi

fu

he

ho

ba

bi

bu

be

bo
ひゃ
hya
ひゅ
hyu
ひょ
hyo
びゃ
bya
びゅ
byu
びょ
byo

pa

pi

pu

pe

po
ぴゃ
pya
ぴゅ
pyu
ぴょ
pyo

ma

mi

mu

me

mo
みゃ
mya
みゅ
myu
みょ
myo

ya

yu

yo

ra

ri

ru

re

ro
りゃ
rya
りゅ
ryu
りょ
ryo

wa
(を)
(wo)

n

訓令式:し=si, ち=ti, つ=tu, ふ=hu, じ=zi, ぢ=zi, づ=zu, しゃ=sya, しゅ=syu, しょ=syo
ちゃ=tya, ちゅ=tyu, ちょ=tyo, じゃ=zya, じゅ=zyu, じょ=zyo
※ぢゃ=zya, ぢゅ=zyu, ぢょ=zyo(じゃ・じゅ・じょと同じ)

■『ん』(撥音(はつおん))は、n を使う。
 
 (例) Ken(け)

ただし、p ・ m ・ b という文字の前に『ん』が続く場合は m を使う。

 (例) tempura(てぷら) samma(さま) namba(なば)

■つまる音[促音(そくおん)]の『っ』を使う場合:『っ』の次の文字(子音)を2つ書いて表す。

 (例) Sapporo(さぽろ) ※ぽ(po)の子音字はp

ただし、『っ』の次に『ち』『ちゃ』『ちゅ』『ちょ』が続く『っち』『っちゃ』『っちゅ』『っちょ』は、
それぞれ tchi, tcha, tchu, tcho となる。

 (例) matchi(まっち)

■ウ段(う・く・す・つ・ぬ・ふ・む・ゆ・る)+『う』は、uを1つ書かず、オ段(お・こ・そ・と・の・ほ・も・
よ・ろ・を)+『う』は、uを書かない。

 (例) Yuka(か) Goku(ご) Sota(た)

■オ段(お・こ・そ・と・の・ほ・も・よ・ろ・を)+『お』は o を1つ書かない。

 (例) ono(の) Koriyama(りやま)

ただし、オ段(お・こ・そ・と・の・ほ・も・よ・ろ・を)+『お』の次に文字が続かない場合は、oo となる。

 (例) Yokoo(よ)



■長くのばす音には「^(サーカムフレックス)」や「ヘボン式ローマ字 長く伸ばす音につける記号(マクロン)」をつけることもある

 (例) ヘボン式ローマ字 おかあさん(おかあさん) ヘボン式ローマ字 おおさか(おおさか)

ローマ字については、中学1年生の1学期の中間テストで出題される先生が多いようです。
テスト範囲にローマ字がふくまれる場合、自分の名前[氏名]は必ず書かされるので確実に覚えておきましょう!


名前をローマ字に変換!

スポンサーリンク

ローマ字に変換したい名前をひらがなで入力して「変換ボタン」をクリックしてください(「オ段」で終わる名前の場合は、oを1つ加えてください
(例)よ→Yokoと表示されるので、Yokooとする)

>> 名前を筆記体に変換する


英語教育界の2人のカリスマ予備校講師が書いた「竹岡広信・安河内哲也のこの英語本がすごい!」という本で、
オススメの英文法書の1位に選ばれたトコトンで、大学受験の基礎力にもつながる中学の英文法を学びませんか?
>> もっと見る