第8章 比較の練習問題の解説


練習問題のトップへ
 バリわか英文法  中間、期末対策プリント  重要英単語  重要英熟語  暗記用重要文  英会話表現  英文法用語辞典
スポンサーリンク
トコトンの別冊 P.10~11
23 原級・比較級・最上級の使い分け
① thanがあるので、形容詞のtall(背が高)にerをつけて比較級にします。

② 形容詞のeasy(やさし) の前にtheがあるので、easyにestをつけて最上級にします。後ろにある「~の中で」という意味を表すofも最上級にかえる
ヒントになります。easyは、子音字のs+yで終わっているので、yをieにかえてstをつけます。注意しましょう!

③ thanがあるので、副詞のslowly(ゆっくり)にerをつけて比較級にします。slowlyは子音字のl+yで終わっているので、yをieにかえてrをつけることに
なります。

④ ~と同じくらい…という意味で使うasの後ろに書かれる形容詞や副詞は変化をしないので、tall(背が高)という形容詞はそのままということになります。

⑤ 形容詞のbeautiful(美し)の前にtheがあるので、beautifulを最上級にすることになるのですが、beautifulはつづりが長いのでestをつけずそのままに
しておき、前にmostという単語を加えることになります。後ろにある「~の中で」という意味を表すofも最上級にかえるヒントになります。

⑥ 副詞のfast(速く)の前にtheがあるので、fastにestをつけて最上級にします。後ろにある「~の中で」という意味を表すinも最上級にかえるヒントに
なります。尚、副詞の最上級の前にはtheを書かないこともあるので、注意しておきましょう。

24 原級・比較級・最上級を使った文への書きかえ
① 「リナより」は、than Rina。これを与えられた文の後に加えることになります。thanは比較級と名コンビなので、与えられた文の形容詞のoldにerを
つけて比較級にします。

② 「あのえんぴつと同じくらい」の「あのえんぴつと」は、as that pencilですが、与えられた文の中にもpencilがあるので、くり返し使うことをさける
ために代名詞のoneにしてas that oneになります。これを与えられた文の後に加えることになります。「同じくらい」という意味のasは、形容詞のlong
(長)の前に加えます。

③ in the class(クラスの中で)を与えられた文の後に加えることになります。「~の中で」という語句を加えるだけでは、「クラスの中で美しい」という
内容になり、beautiful(美し)という形容詞とうまくつながりませんので、beautifulを最上級にかえて「クラスの中で1番美しい」となるようにします。
beautifulはつづりが長いので、estをつけず、the mostを前に加えてthe most beautifulとします。

25 比較の同意表現
① 上下の文にthanがあり、主語がかわっているので、比較級になっている単語と反対の意味を表す単語を比較級にかえて入れることになります。ここでは
比較級になっているmore difficultのdifficult(難しい)と反対の意味を表すeasy(やさしい)を比較級にしたものを(  )に入れることになります。easyは、
子音字のs+yで終わっているのでyをieにかえてrをつけます。
上の文:この問題はあの問題より難しい。
下の文:あの問題はこの問題よりやさしい。

② 上の文は、as asを使った文の否定文です。下の文にはthanがあるので、比較級を使って書きかえることがわかります。主語がかわっているので、
as high のhigh(高い)をそのまま比較級にします。
上の文:阿蘇山は富士山ほど高くない。
下の文:富士山は阿蘇山より高い。

③ 上の文には、最上級のthe tallestがあり、上下の文の主語が同じです。tallestを比較級のtallerにしてany other boy(他のどの男の子)と比べることで、
1番~という内容を表します。「どの[どんな]」という意味で使うanyは、単数形の名詞といっしょに使うので、boysにしないように注意しましょう。
上の文:ケンはクラスで1番背が高い高い男の子です。
下の文:ケンはクラスで他のどの男の子よりも背が高い。
スポンサーリンク