練習問題のトップへ
バリわか英文法  中間、期末対策プリント  重要英単語  重要英熟語  暗記用重要文  英会話表現  英文法用語辞典
スポンサード リンク

接続詞(that・when・ifの使い方)

>> 接続詞の練習問題
that(「〜こと」「〜ということ」「〜と」)

thatという接続詞は、文を名詞のカタマリにかえることができます。
He is a student. that he is a student
彼は学生です。 彼が学生であること
この「〜こと」となったものは、know(知っている)やthink(思う)という動詞の後ろに書いて、目的語として使うことが
できます。
(例文)
I know that he is a student.(私は彼が学生であることを知っています。)

I think that he is a student.(私は彼が学生であると思います。)
※thatは「〜と」と訳すことがあります。

when(「〜とき」)

whenという接続詞は、文を副詞のカタマリにかえることができます。
I came home. when I came home
私は家に帰りました。 私が家に帰ったとき
この「〜とき」となったものは、もう1つの文の前や後ろに書くことができます。

(例文)
When I came home, my brother was watching TV.(私が家に帰ったとき、弟はテレビを見ていました。)
My brother was watching TV when I came home.(私が家に帰ったとき、弟はテレビを見ていました。)
※whenで始まる文をもう1つの文の前に書いたときは、Whenで始まる文の終りに ,(コンマ)を書きます。


if(「もし〜ならば」)

ifという接続詞は、文を副詞のカタマリにかえることができます。
It rains. if it rains
雨が降ります。 もし雨が降るならば
この「もし〜ならば」となったものは、もう1つの文の前や後ろに書くことができます。

(例文)
If it rains, I'll stay home.(もし雨が降るならば、私は家にいます。)
I'll stay home if it rains.(もし雨が降るならば、私は家にいます。)
※ifで始まる文をもう1つの文の前に書いたときは、Ifで始まる文の終りに ,(コンマ)を書きます。

>> 接続詞の練習問題

練習問題のトップへ

スポンサード リンク