やり直し中学英語教材「中学英語攻略マニュアル」



あなたも14年以上売れている参考書を書いた
"プロ講師の中学英文法の授業" で学びませんか?
もくじ
英語に泣かされてきたあなたへ
教材作成のプロや出版のプロの心も動かしました
英語5からの転落「何もわからなくなった…」
6%しかいない中卒の落ちこぼれたちに教える
学んだ人からの喜びの声をお聞きください
日高崇典(ひだかたかのり)から最後に
オール2レベルの中学生でもわかりますか?

英語に泣かされてきたあなたへ

中学時代に英語が苦手だったあなたにとって、中学英語(初級の英文法)について書かれた本や参考書で勉強することは一番手軽な方法ですが、

「よくわからなくて最後まで読めなかった」「読んだけどあまり効果がなかった」

と言う人がたくさんいます。そんな人は、

「自分の頭が悪いからだ」「英語のセンスがないからだ」

などと思いがちですが、本当にそうなのでしょうか?

確かに、あなたが中学時代に英語を習った学校や塾の先生よりも、中学英語の参考書を書いた "プロの先生" の方が、あなたに英語をわかりやすく教えられる力はあると思いますが、その人が書いた本や参考書で勉強してわかるようになり学力アップを果たすことは、その人が教える方法の中では一番難しい方法です。

たとえば、あなたが読んだ参考書を書いた "プロの先生" が、一斉授業で教える塾で週に140分使って中学生に英語を教えた場合、中学3年分の英文法を教えるのに使える時間は、中1の4月から中3の11月までで約298時間になります。それを1冊〜3冊程度でまとめたものを使って学ぼうとしていたと考えれば、わかりにくくて当然、あまり効果がなくて当然と納得できるのではないでしょうか。



しかも、中学英語の参考書を書いた "プロの先生" の多くは、大学受験のための予備校や大学などで教えている人で、ふだんは中学英語を教えていない言わば専門外の人ですから、彼らが書いたものを選んだ場合、救われる可能性はさらに低くなります。
※予備校の先生も大学の先生も、高校までに習う英語をある程度わかっている普通科(多くは進学校)出身の18歳以上の人を教えています。


私は、書店でそんな参考書を見るたびに、

【実際に英語が苦手な中学生に教え、学力アップを果たせている塾講師の自分の方が、この人よりもはるかにわかりやすくて役に立てる中学英語の参考書を書ける!】

と思っていましたが、「あの○○予備校講師」などの肩書きがない無名の塾講師が参考書を出版できるほど、出版の世界は甘いものではありません。その証拠に、あなたが中学生の時に住んでいた町には、参考書を出版した先生がいる塾など1つもなかったはずです。そこで私は、だれも教えたことがないような中卒の学力最下位レベルの子どもたちに、たったの3950分(約66時間)で中学3年分の英文法を教えることに成功した経験を武器にして出版社に企画を通し、中学英語がゼロからよくわかる本という参考書を書いて出版したところ、

当時、日本一だった紀伊國屋書店の新宿本店の語学書部門で週間ベストセラーの1位になり、出版後すぐに重版が決定し、

■こんなに分かりやすい本は他にはありませんでした。"ここが分からない"というところにピッタリと視点をあてて説明してあるので本当によく分かりました。そして、読んでいて全然つかれませんでした。(佐賀県大和町 14歳 女子 中学生)

■本当によくぞここまで!!と思えるほど基本の基本からていねいに説明してあったのでびっくりしました。あるていど英語ができる人でもいろいろな面で使えるのでいいです。(徳島県徳島市 16歳 男子 高校生)

■自分は大学受験をひかえ、英語不得意に悩んだ末、中学英語という基本に戻るためにこの本を購入した。そして今、この本にめぐり会えたことに心より感謝しているところだ。この本なら、年齢を問わず、多くの読者の支持を受けるだろう。(東京都八王子市 19歳 男子 浪人生)

■先生の解説は、他のどの参考書でもカットしてしまう面まで深く掘り下げて説明して下さるので助かります。長年疑問に思い続けてきた部分も読んでいる内に、自然にスッと入って来る感じです。英語だけでなくどの教科でも言えることですが、できる人にとっての参考書・予備校等はいくらでも良いものがあるし数も多いけれど、できない人にとっては参考書を1つとっても探すのは大変なものです。そんな中で先生が実行なさっていることはすごいことだと思います。私位、受験レベルになっても英語ができない人は他にはいないと思いますが、幸運にも先生の参考書を手にすることができ解法の道が開けたように、世の中の英語の不得意の人々ができることなら早い時期に一人でも多く先生の参考書に出会えたら、きっと何かつかむことができると思います。(新潟県五泉市 19歳 女子 浪人生)

■これはすごいっ!!(私のためにあるような本だ)と、手にとって読んでみて思い、買ってしまいました。今年 医療学校の受験をひかえている身で、今からこれでは先が…と思っていますが、この、こうした基礎こそが私には必要だったのです。中学時代全く英語の授業が理解できませんでした。(埼玉県所沢市 25歳 女性 病院勤務)

■日高式英語には感心し、且、こんな教え方もあるのかと感銘し、見直しました。非常にユニークです。今後 日高 崇典の著書を発行する予定があれば是非読みたいし案内して欲しい。(兵庫県神戸市 57歳 男性 会社員)
-- 出版社に届いた読者カードより --

などと喜ばれ、韓国でも翻訳出版されるほどのヒット作になりましたが、やがて書店から消えてしまいました。


しかしその後も、中学英語をやり直したい人にとって、「これはわかりやすいな」と思う参考書はあっても、「これなら多くの人ができるようになるな!」と思えるような参考書は出版されませんでした。やがてインターネットに出会った私は、「中学英語がゼロからよくわかる本」がお役に立てないだろうかと思い、少し修正したものをサイト内で公開したところ

すばらしいカウンセリングドクターに出会ったような気持ちです


先生のこの本に出会ったことで、先生を頼りに私の英語勉強も何とか前に進めそうで、ますます気合が入っております。英語コンプレックスから立ち直りたいと気ばかり焦っても、長年の間挫折の連続で「イヤ」になっておりました。今まで、いつも不安やつまずきを解決できていなかったからです。インターネットをいじっていての偶然の出会いでしたが、素晴らしいカウンセリングドクターに出会ったようなそんな気持ちです。心から感謝申し上げます。

息子に「お母さんの教え方が1番良くわかる」と言われます


(大阪府 中学生のお母さん)
中一の息子がいます。家庭教師も付けてたのですが、余り理解出来ていない様子でした。頑張っても結果にならなかったので、拒否してしまいました・・・。そちらのサイトを開き、私なりに教え方を理解して息子に教えてみました。be動詞から始めましたが、始めて本当に理解が出来たそうです。もう、三学期も終わろうとしているのに。。。授業中楽しくなかっただろうな〜と思いました。今では「お母さんが1番良くわかる」と言われます。何かが引っかかり納得出来なくなり、理解が出来なくなったあの頃を思い出し親子して勉強しています。あなたのサイトを開いた事から何か息子が変わろうとしています。ありがとうございました。これからも頑張ってください。

学生時代に出会っていたら、もう少し違っていた人生になったのでは…と思うほどです


(神奈川県 主婦)
英語が大の苦手だった私も、ずっと英語が話せたらどんなにいいだろうと考えていました。今までいくつかの教材を試したりしましたが、長続きしませんでした。本屋へ行って良い文法の本がないかと探しましたが、なかなか思うようなものが見つからず、先日偶然こちらのHPを見つけました。試しに一ページ開いてみると、それはそれはとてもわかりやすくまた面白く、勉強する事が楽しくて、気が付くと毎日PCに向かっていました。もともと、暗記が不得手な私は数学や国語は大好きでしたが、英語は単語も文法も何もかも憶えることばかりという印象があり、苦手意識がとても強かったのです。ですが、こちらでは、とても理論的に最低限の法則に基づいて文法解説がしてあり、学生時代勉強しなかったせいも多分にありますが、目から鱗・・・これを最初から知っていれば・・というような内容を目にして、私の学生時代にこの本に出会っていたら、もう少し違った人生になったのでは・・と思うほどです。

どんな書籍を見てもわかりにくかった基本中の基本を詳しく書いている


(神奈川県 会社員)
初めまして。今更ながら中学英語を勉強したいと思い、いろいろな参考書などを見て勉強をしているのですが、学生時代ほとんど勉強をしていなかったため(^^ゞ基本中の基本を詳しく書いている本は見つかりませんでした。そんな時にこのHPを発見いたしまして大変参考にさせていただいてます。ただ今「中学英語がゼロからよくわかる本」を拝見させてもらいながら、勉強しています。どんな書籍を見てもわかりにくかったことが、とても簡単にわかりやすく解説されていて大変ありがたく思っております。こんな素晴らしいHPを作ってくださいまして本当にありがとうございました。

私でも勉強すれば英語が話せるようになる!という気持ちに変わりました


(千葉県 塾の先生)
最近仕事を始めようと探しましたら、家で塾を開くことが出来たのです。私の苦手な英語も教えなければならなくなり、とても焦っていました。そんな時に先生のホームページに出会いました。片っ端からインターネットで英語の勉強方法を検索したのです。色々な方もおっしゃっていましたが、先生の教え方は、本当に分かりやすく、苦にならないでどんどん勉強がはかどりました。今までも、ずっと英語が話せるようになれたらいいなって思っていました。でも、私なんかが、そんなこと無理・・・と決め付けていました。でも、今はそうは思わないのです。勉強をすれば話せるようになる!という気持ちに変わりました。何かが、私の中で変わってきました。英検やTOEICも受けてみようとも思っています。今まで、仕事をずっとしてきた私が、子供を出産してから、なんだか物足りないようなしっくりこない気持ちでしたが、家で塾をすることをきっかけに、先生を知ることも出来、充実した日を過ごせるようになりました。本当にありがとうございました。私以外にも、先生に出会ったことで沢山の喜びが生まれていると思います。本当に素晴らしいことですね。先生の強い思いが、あの素晴らしい内容を作り上げたのですね。これからも頑張ってください。
などと喜んでもらうことができ、雑誌や多くのサイトでも紹介されました。

教材作成のプロや出版のプロの心も動かしました

また、ネット上で公開した「中学英語がゼロからよくわかる本」は、当時、"英語が苦手な中学生を強く意識したテスト教材"を作ろうとしていた進研ゼミ中学講座のスタッフの目に留まり、教材作成の協力依頼を受けて原稿を書きました。ちょうど同じ頃、ネット上で公開した同本のわかりやすさに感激した、ナツメ社の編集者から参考書の出版依頼を受け、超ロングセラーとして14年以上も売れ続けているトコトンていねいな英文法レッスンを出版しました。
※ネットで公開した「中学英語がゼロからよくわかる本」は、Z会のスタッフが選んだおすすめのホームページとしても紹介されました。
※進研ゼミ(ベネッセ)は、通信教育業界No.1の会社で、Z会は難関高校の合格者が1番多く利用している、通信教育教材を提供している会社です。
やり直しの中学英語学習サイトを運営しているegao21のひだかたかのり(日高崇典)
私のサイトやブログ、私が書いた参考書のことをくわしく知りたい方は、yahooやgoogleで ひだかたかのり と検索してください。

著書
日高式3950分の奇跡 中学英語がゼロからよくわかる本
トコトンていねいな英文法レッスン
カラー図解 トコトンていねいな英文法レッスン
※「トコトンていねいな〜」の全面改訂版です。
中1英語の教科書の基本文がわかる!
※Amazonで出版した電子書籍です。

その他
進研ゼミ中学講座(テスト教材)の原稿を執筆
日高が原稿を書いた進研ゼミのテスト教材


日高 が書いた「トコトンていねいな英文法レッスン」は
Amazonの「英文法・語法部門」と「中学生英語部門」で1位を獲得し、出版以来、両部門のベストセラーランキングの上位に入り続けたロングセラーの参考書です。また、2010年には、大学受験英語のカリスマ講師、竹岡先生と安河内先生が、英語を学びたいけど

「どの本を選んだらいいかわからない」

と悩んでいる人のために、これまでに接したたくさんの英語教材の中から「オススメの参考書」を選んだ「この英語本がすごい!」というブックガイドの英文法部門で1位に選ばれました。



それではここで、私、日高崇典について、くわしく紹介させてください。

私は、学生時代から30年以上、家庭教師や塾講師として中学生に英語を教えてきました。そしてこれまでに、たくさんの英語嫌いの子どもを英語ができる子どもへと導く手伝いをしてきました。

その中でも、次の2人は、特に大きな学力アップを果たしてくれました。
※2人とも個別指導ではなく10数人の生徒といっしょに黒板を使った授業で教えました
中学卒業時、オール1で高校受験に失敗した状態から教え始めたA君
→ 京都の公立高校(普通科)を再受験して入学後、英語の実力テストで2回続けて学年3位に!
※京都の場合、公立高校の普通科に難易度の差はありませんでしたので、A君の学校には勉強ができる子どももいました。A君は英語や数学ができる子だけが集められる特進クラスに入れられたそうです。
中学1年終了時、国語1・英語2(他教科も2)の状態から教え始めたBさん
→ 中学2年の2学期に英語4、3年の2学期以降は英語5(中間・期末テストの平均93点)に!
※「もともと頭がよかった子どもが不良になって落ちこぼれてたけど、改心してできるようになった」という例ではありません。A君の理解力は平均レベルの子どもより少し下くらい、Bさんの理解力はこれまで教えてきた子どもの中でも最低レベルでした。

この2人の学力アップは、教えた私でさえ驚くほどのことだったのですが、私が学校や塾が見放すような子どもでも大きく伸びる教え方を身につけられるようになったのには、次の2つの理由があったのです。

英語5からの転落「何もわからなくなった…」

私は中学2年の初めに入院したことがあります。それまでは、英語塾に通っていたおかげで成績はよかったのですが、退院以降、塾の授業についていけずに退塾し、その後は "英語の落ちこぼれ" となってしまいました。

この時、私が学校と塾を休んだ期間はたったの1カ月半です。この間に習うことがわからなかっただけで落ちこぼれになってしまうのが、積み重ねの教科である英語の恐ろしさです。一斉授業で教える塾では、私のように途中でつまずいた子どもや、途中から入ってくる子どもに、つまずいているところまで戻って教えてはくれません。

英語がわからなくなった私にとって、授業は苦痛でしかありませんでした。時には、先生がしゃべる日本語さえ英語に聞こえてしまうほど重症で、何か質問されても、いつも「わかりません」と答えるだけでした。当時、教科書ガイドはなかったので、中間・期末テスト前には、単語と中学生向けの学習雑誌の付録に載っていた、教科書の英文の日本語訳だけを覚えて平均点を取るのが精一杯という状況でした。やがて高校入試の時期になりました。私はすべり止めの高校を受けなかったので、公立高校の合格発表の日まで不安な毎日を過ごし続けたのです(塾に行かなかった私には、「合格はテストの5教科の総合点と内申点で判断されるから大丈夫」と声をかけてくれる人もおらず、また、私のクラスには同じ高校を受けた人ですべり止めを受けなかった人は私以外にはいませんでした)。


高校での英語の授業は、中学の時より難しくなっている気がしましたが、その頃の私には、腕時計の秒針が回っていくのを見ながら、ひたすら授業が終わるのをがまんすることしかできませんでした。そんなある日、授業をしていた先生が突然怒り出し

「君たち、こんな問題もわからないのなら、幼稚園からやり直してきなさい!」

と言ったのです。この言葉は、勉強不足のみんなに向けて言われたものだったのですが、私はその時、本当に腹が立ち、その日以来

【どんなにしんどくても、英語だけは毎日やろう】

と心に決めてやり始めたのですが、最初の頃は何度も挫折しそうになりました。当然ですよね。中1の英語しかわかっていない者が、いきなり高校の参考書や教科書の内容を理解しようとしたわけですから…。

【あの時、中学で英語で泣かされたような人でも、短期間で中学3年分の英文法を楽しくやり直せる、こんな教材があったらなぁ…】

この「マニュアル」は、そんな思いを込めて作りました。当時、私がやったことを知りたいと思う人のために書いておきますと、英語の宿題を必ずやることと、学校が指定した英文法の参考書をブツブツとつぶやきながら何回もやることでした。誰にでもできそうなことですが、実際にやっていた人は少数でした。特に、英文法の参考書をやっていた人は少なかったと思います。学年が進むにつれて「文法がわからない」という人が増えていったからです。ただし、私が周りの人と比べて英語ができるようになっていると思えるようになるまでには、6カ月もかかりました。


そんな中学2年から高校1年にかけて英語に泣かされた私が、ひょんなことから大学時代に塾で中学生に英語を教えることになりました。

【かつての自分と同じ苦しみを、この子たちには味わわせたくない!】

という思いから、予習や授業で使うプリント作りに多くの時間をかけて授業を重ねた結果、

「日高先生の英語は、学校の先生よりよくわかる!」

と子どもたちから喜ばれるようになりました。しかし、その頃の私には、3の子どもを4に、4の子どもを5に導く程度のことしかできませんでした(これが、子どもたちから「わかる!」と言われている塾の先生のレベルです)。

6%しかいない中卒の落ちこぼれたちに教える

塾で教え始めて2年が過ぎた頃、同じ教室を使って昼間、ある特別な経験をした子どもたちに教えていた人から

「昼間来ている子どもを教えてみないか?普通の子どもに教える何倍もの力がつくよ」

という誘いを受けました。塾や家庭教師で教えながら

【だれにも負けないわかりやすい教え方を身につけ、いつか英語に泣かされている人のための参考書を書きたい!】

と思うようになっていた私は、ためらうことなく誘いを受け、その子どもたちを教えることになったのです。


私が教え始めたのは、高校受験に失敗し、どこの高校にも入れなかった中卒浪人生でした。中学卒業時(3年生3学期)の彼らの成績はオール2レベル。英語は5教科の中で一番低く、平均は2.1でした(当時の内申は相対評価。学年全体の7%程度には必ず1がつけられるので、通知表では2がつけられていても公立内申では1がつけられていた子もいました)。しかも、1/3ぐらいは不良で、茶髪や金髪、喫煙をしている子もいました。私は、そんな子どもたちに、1月から始まる入試までの10カ月足らずの期間で中学3年分の内容を教え、合格点が取れる力をつけさせなければならなかったのです。
※当時の高校進学率は94%前後ですから、彼らの多くは学年ビリのレベルだったことになります。


子どもたちの指導は、月曜日から土曜日まで。朝から教え始めます。 彼らは最初の内は心を開いてくれませんが、毎日、何時間も接する内に私たちへの信頼を深めて"何がどうわからないのか"を教えてくれるようになります。 また、毎週土曜日には、教えたことがどこまで身についているかを確認するテストを行うので、答案を分析することで英語ができない子どものできない原因やつまずくところなどが確実に把握できるようになりました (普通の塾ではテストは月に1回程度しかできませんし、オール2レベルの子どもの答案を見れる可能性はほとんどありません)。

予備校で教えたのは4年間(補習時間を含めると、普通の塾の2倍以上の指導時間があります)、2年間は午後7時から現役の中学生も教えていましたので、4年間で10年分以上の指導経験と短期間にできない子どもの大きな学力アップを果たせる指導法を身につけることができました。そのことを証明してくれるのが、先程、紹介した2人の子どもです。A君は予備校で4年目に教えた子で、Bさんは転職した塾で最初に受け持ったクラスの子でした。
※補習時間に英語は教えていません。

短期間で大きな学力アップを果たせる日高式の教え方英語につまずき泣かされた経験のある塾講師が高校受験に失敗した落ちこぼれの子ども100数十人に、できるようになるまでトコトン教えた経験から生まれたのです。


高校受験予備校で教えていたA君を高校に合格させ、転職した塾で中2のBさんに教えながら、私は1冊の参考書を書き上げました。それが中学英語がゼロからよくわかる本です。

ただし、この「中学英語がゼロからよくわかる本」は、中学生が1年生〜2年生の7月までに習う内容だけしか書いていない未完成のものでした。そこで、彼らに教えたことを10年かけて様々なタイプ・学力の子どもたちに教えながら発展させていった経験をもとに、「中学英語がゼロからよくわかる本」を完全改訂したものと、中学生が2年生の9月から3年生にかけて習う内容を書きました。それが、このページで紹介している中学英語攻略マニュアルという教材です。

学んだ人からの喜びの声をお聞きください

この「中学英語攻略マニュアル」を使って勉強した人たちが、どんな結果を出しているのか?

まずは、中学生の場合をご覧ください。
※「マニュアル」は、初め「中学英語がゼロからよくわかる本」のPART1・2として販売していました。 また、ホームページとして見れるファイルをCDに収めていました。

40点台しか取れなかったのになんと96点をとっちゃいました


(中学2年生の女子)
去年(中1)は英語のテストで40点台をとってしまったりして大嫌いな教科だったんですが、be動詞もわからなかった私が今回のテストでなんと96点という点数もとっちゃいました!!全て先生のおかげだとおもいます!本当に本当にありがとうございます!!

高校入試1ヶ月前に20点の生徒を85点まで引き上げることができました


(愛媛県 塾の塾長先生)
パート1の10章までとパート2の準動詞と関係詞のみを徹底的にやらせたら高校入試1ヶ月前に英語20点の生徒でも85点まで引き上げることができました。日高式はすごいと感心してます。まずは感謝・感謝の心境です。どうもありが とうございました。

成績が上がり、やればできるんだ!という気持ちを持ったようです


(東京都 中学生のお母さん)
1年前は悲惨な成績状況の中で先生の書かれたゼロからわかるは大変助かる教材でした。また、サポートページのプリントなどもマスターするまで何度も使わせて頂きました。お蔭で成績は上がり本人も英語に対する苦手意識が消えて、やれば出来るんだ!という気持ちを持ったようです。

英検3級に合格。70点台の試験が全部90点台に


(岡山県 中学3年生の女子)
いちかばちかで受けたのですが(英検3級の一次試験に)合格できました〜。それから、ずっと70点台しか取れていなかったのに買ったCDでお勉強してからの試験は全部90点台になりました!!もっと早くに知っていたら〜!!!!とちょっと 悔しいけど、でも、入試に間に合ったのでよかったです。この調子で落とさない様に頑張ります。先生 本当にありがとうございます。感謝感謝、恩人様です♪♪
※この中学生は、その後、中学生の間に英検準2級にも合格しています。

超苦手の子供が、高校入試で50点満点中、48点も取れました


(大分県 中学3年生のお父さん)
英語が超苦手の子供だったので、せいぜい入試では半分も(25/50(点))とれてれば・・・と考えておりましたが結果は48/50(点)。もうビックリです。おかげさまで第一志望校の予想ボーダーを余裕でクリアし合格することができました。英語に関しましては、ひたすらPart1、Part2の演習の繰り返しのみを実行させました。と言っても英語に関しては他に打つ手が全く無かったんですが・・・。はっきり言ってこれは効果有ります。(今まで塾や教材に注ぎ込んだお金はなんなんだろう(泣))

次に、中学生以外の人たちからのものです。

うそみたいに英語が理解できるようになりました


(愛知県 主婦)
英語を分かるようになりたいのに、挫折しつづけて劣等感のかたまりでした。一時は途中で断念しましたが、今年1月中旬より再度、チャレンジはじめたところ本当にスッと理解できはじめて、楽しくなりパート1を3回繰り返し、うそみたいに英語が理解でき自分でも信じられません。日高先生の英語の教え方が、日本の学校の、教科書になれば、もっとみんなが英語がわかるようになれるはずなのにって、子供をもった今、しみじみ思います。日高先生の教材に出会えて本当にラッキーです、ありがとうございました。

一ヶ月で中学レベルの文法をクリアできました


(東京都 会社員)
一ヶ月間集中して勉強した結果、無事、中学レベルの文法をクリアできました。(難関高校の入試問題もほぼ正解できるくらいまでなりました。)今まで説明を読んでもちんぷんかんぷんだった文法事項が、すっと頭に入ってくるのにはわれながら驚きました。

あまりにも衝撃的な内容で迷うことなく購入しました!


(神奈川県 中学2年生のお母さん)
先日ダウンロードしましたテキスト、今回の問題集も、「こういうのが欲しかった・・。」と思うものばかりです。 娘は現在中2ですが根本から教えたいと、慣れない問題作りに四苦八苦しているところに日高様のサイトに出会いました。 あまりにも衝撃的で迷うことなく購入しました。!(^^)! これからの英語学習にぜひとも使わせていただきます!良い商品を本当にありがとうございました。

涙が出るほど感動して勉強しています


(東京都 男性)
涙が出るほど感動しながら、ひとつひとつ勉強しています。本当に泣きながら(感動して、有り難くて)勉強しているときもあります。

TOEIC220点だった私が、600点を超えるレベルに到達して課長になることができました


(福島県 男性)
先生のおかげで、とりあえず課長にもなることができ(TOEICで500点こえないと昇進できないのです。)220点だった私が、600点を超えるレベルに到達できたのは、ひとえに先生のおかげ以外の何者でもありません。英語の学習方法の道筋を示していただけた事は今でも感謝しております。これからのご活躍もお祈りいたしております。

軽快な語り口調で、楽しく、納得しながら読み進めることができました


(東京都 女性)
ユーモアを交え、工夫に富んだ丁寧な解説と、その分りやすさ、そして軽快な語り口調によって、楽しく、納得しながら読み進めることができました。例題に対する間違った答えが、どうして間違いなのか、また、なぜ間違ってしまうのかまで詳しく説明されていることなどからも、先生の英語教育にかける情熱がひしひしと伝わってまいりました。そして英語が難しいと感じる読者の気持ちを尊重する、やさしいまなざしが随所に感じとれました。

いろいろな参考書やサイトをみたが、ひだか先生のが一番わかりやすい


(千葉県 塾の先生)
いっちゃあなんですが、中・高と英語は大の苦手。そんな私が去年から塾のアルバイトをはじめ、初めて必死で英語を勉強しています。いろいろな参考書やサイトをみましたが、ひだか先生のが一番わかりやすいです。三単現のsのつけ方・疑問詞を使った疑問文の作り方・比較級でのin ofの使い分け、more mostをつける単語のところなどは、子どもたちの印象によく残ってくれてとっても助かっています。「先生の説明はわかりやすい」という生徒の評判もちらほらあり実際に成績の上がる子が多く、そうすると授業もやりやすくなり、これもひだか先生のおかげだなあと思っています。なにぶん下地がないので予習が猛烈に大変ですが、自分でも英語が面白くなってきたのでガンバります。
教科書よりもわかりやすい教材「中学英語攻略マニュアル」の冊子版
英文法の教材、「中学英語攻略マニュアル」の単元

PART1中学英語がゼロからよくわかる本をカラー化し、図解を加えてよりわかりやすく改訂したもの)
PART2(塾生に教えてきた中学2年生の後半から3年生で習う内容をまとめたもの)
英文法の教材「中学英語攻略マニュアル」の特徴
  • 参考書+問題集として使える内容になっている
  • 塾で教える授業をライブ中継している感じで書いたものなのでとても読みやすい
  • 演習問題の答えは図解をたくさん用いて1問1問ていねいに説明している
  • 入試によく出題される問題を使っているので、中学終了時に必要とされる英語力と実践的な力が身につく
  • 文法だけでなく英作文のコツや訳し方のコツまで書いている

「マニュアル」のサンプルページ

「トコトン(16年版)」のサンプルページ

「トコトン」を企画した編集者からの手紙(一部抜粋)
「トコトン」の原稿は、この手紙を書いた編集者の企画をもとに、編集者とやり取りをしながら2年間かけて完成させましたが、塾の教え子や「マニュアル」で勉強している人にも役立つものになることを目指して書きました。想定した読者層は、04年版の「トコトン」は中学生以上、16年版の「トコトン」は小学5年生以上です。ただし、「トコトン」から得られる中学英文法の知識は、「マニュアル」の1/5ほどです。

「マニュアル」で勉強した人は…

  • 学校や塾の授業がわかるようになり、英文法の問題ができるようになる
  • 英検やTOEICの参考書の内容がわかるようになり 、英文法の問題ができるようになる
  • 学校や塾で「あの子は英語ができる!」と友だちに思われるようになる
  • 小学生や中学生のお子さんと楽しみながら勉強して、あなたとお子さんの英文法の力を大きく伸ばせる
  • お子さんが学校や塾でわからないことが出てきた時、いつでも家庭教師よりわかりやすく教えられる
これまでに4000人近くの人が「マニュアル」で学んでいます。
塾より力がつけられる「中学英語攻略マニュアル」の価格とお申し込み方法
このページで紹介している、入試1カ月前に過去問で20点しか取れなかった中3生は、愛媛県内のある塾に通っていたのですが、塾にはどれくらい通っていたのでしょうか?

たとえば、中3の4月から1月まで通っていたとしたら10カ月。

10カ月も通ってたったの20点!?」

と、親御さんは驚かれたかもしれませんが、

10カ月しか通わないと、こんなもんですよ、お母さん。中間・期末テストでは、お子さんは平均点を取れるまで伸びたじゃないですか…】

というのが塾の本音です。実際にはもっと長く塾に通っていて、親御さんの不満はもっと大きくなっていたのかもしれませんが、たとえ中1の4月から塾に通っていたとしても、中3の2学期終了の時点で英語3しか取れていない子どもの多くにはこれくらいの力しかありません。出題範囲が限定される中間・期末テストでは平均点レベルの点が取れていたとしても、中学3年分の範囲から出題される公立高校の入試では、英語3の力ではまったく歯が立たないのです(中学時代の私もそうでした)。

そんな子どもが、ひとりで勉強しても(塾の先生は、この子に「マニュアル」を渡しただけです)、たったの1カ月で、入試で英語が得意な子と同じくらいの点が取れるまで伸びる可能性のある「マニュアル」の価格ですが、できるだけ多くの人に利用していただきたいと思いましたので、

1対3で教える個別指導塾の中3生の1カ月分の授業料と同じ価格の12,960円(大手個別指導塾の最低料金を参照)

で提供させていただくことにしました。

初版版を完成させるだけで10年の歳月をかけ、現在、お求めいただける改訂版は、何度かのテスト販売をくり返して効果を確かめながら完成度を高めていった、手間ひまかけたものです。また、本当に必要とする人が1人でもいる限り提供し続けるために、一度に大量に作ることができる出版という形を取らなかったので、市販されている参考書と同じような価格設定ができないことはお許しください。参考までにお知らせしておきますと、「マニュアル」のPART1のもとになっている「中学英語がゼロからよくわかる本」の中古本は、プレミア本になっており、Amazonで高額で取引されています(私が知っているだけでも1万円台で数冊購入されました)。おそらく「トコトン」のわかりやすさに感動し、このページにたどり着くことができなかった人が購入されたのだと思いますが、「ゼロから」には中学生が1年生〜2年生の7月までに習うことしか書いていませんし、「マニュアル」の初版版を完成させた10年も前の指導力で書いたものです。

なお、ただ今、「トコトン」の出版14周年を記念して、「中学英語攻略マニュアル」を期間限定の特別価格8,210円で提供中ですので、この機会にぜひご検討ください。


※ダウンロード版(A4版 226ページ)は、著作権保護機能のついたbookend形式になっています。印刷はできますが、ファイルのコピーやスクリーンショットはできません
※冊子は、あなたに確実にお届けできるように日本郵便の書留にてお送りします。


出版14周年記念キャンペーン
ただ今、「トコトン付き」の配送版[冊子版]をご注文いただいた方には、「トコトンていねいな英文法レッスン」の出版14周年を記念して、次の7大特典をプレゼントします。

特典1 「トコトンていねいな英文法レッスン」を特別価格にてご提供!
定価1,836円の「トコトン」を617円引きの1,219円で手に入れることができます。
※Amazonなどのネット書店より、新品をお送りします。

特典2 「中1英語の教科書の基本文がわかる! 解説編」(A4版 41ページ)
※Amazonで販売中の電子書籍のA4版で、印刷することも可能なPDFファイルです(Amazonで販売中のものは、印刷できません)。
私がこれまでに作ってきたものは、できるだけ短期間に中学英語を攻略するためのものばかりでした。つまり、英語に泣かされている中学2、3年生や高校生以上の人にとっては中学3年分の内容を効率的に学べるのですが、中学1年生になったばかりのお子さんや小学生が勉強するには、あまり親切な教材ではないのです。そこで、今、学校で習っているところをゆっくりと学んでいけるのが、この中1英語の教科書の基本文がわかる! 解説編です。全国で一番多くの中学生が使っているニューホライズンに出てくる順番に近いものになっています。

特典3 「英文法問題集プリント」2160円の商品 A4版 119ページ)
日高のサイト egao21.com 内で一番アクセスが多い 中間、期末テスト予想問題のページで公開しているプリントに解説をつけたPDFファイルです。中学英文法の問題集で、ここまでくわしい解説がついた市販の問題集はありません。

特典4 「覚えておきたい前置詞」と「覚えておきたい接続詞」
30個の前置詞と例文、まぎらわしい前置詞の使い分けの説明などを収録したPDFファイルと、13個の接続詞と例文、注意事項などを収録したPDFファイルです。

特典5 「増補版 1年生フォロー編」(「マニュアル」のPART1の内容をフォローするファイルです)
“問題+くわしい解説”という形式になっており、文法用語をほとんど使わずに作成したPDFファイルです。

特典6 「暗記用重要文 1年生編」(「マニュアル」のPART1の内容をフォローするファイルです)
1年生が必ず覚えておかなければならない英文を厳選し、英作のコツや注意事項などを文法用語をできるだけ使わずにくわしく解説したPDFファイルです。

特典7 「単元別 弱点チェックプリント」
中学1年生〜3年生までに習う英文法の重要単元について、弱点を確認するためのPDFファイルです。
ダウンロード版や配送版[冊子版]のみを希望される場合は、下記のお申し込みはコチラからという赤いバナーをクリックして、ダウンロード版、または配送版[冊子版]をお求めください。お支払い方法は、クレジットカード(Visa・Master・JCB・Amex)、銀行振込、コンビニ振替の中からお選びいただけます。

お客様の情報はSSL認証で暗号化されているので安全です。


コンビニ決済はとても簡単です。>>お支払い方法
ご利用いただけるコンビニ(ローソン・ミニストップ、ファミリーマート、セイコーマート、 デイリーヤマザキ・ヤマザキデイリーストア)
※24時間365日対応しております。
※手数料 270円

銀行振込をご利用の場合、振込手数料はお客様のご負担となります。
※三井住友銀行・イオン銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの「フアーストペンギン」口座への振込[または、郵便振替]になります。
(注)「フアーストペンギン」は「インフォトップ」の親会社になります。

※入金確認時間 10:30 13:30 15:30 17:00(イオン銀行・ゆうちょ銀行のみ)
土日・祝日の確認はありませんので、お急ぎの場合はクレジット決済かコンビニ決済をオススメします。
ご記入ミスが多い箇所について

郵便番号を入力すると、都道府県名と市区町村と地域[町名等]までが自動的に入力されますので、それ以降の建物の名前や番地などは「それ以降の住所(建物名)」のところにご記入ください。

お求めの場合には、パスワードの入力が必要です。
※「トコトン付き」の配送版[冊子版]を購入される場合は不要です。

@ 半角英字 a〜z
A 半角数字 0〜9
B 半角記号 @ ! ? % など

の3種類のものを1文字以上使用しなければならないようになっているので、ご注意ください。
(パスワードの例) @hidaka39

「トコトン付き」を希望される場合は、下記の「トコトン付き」の配送版[冊子版]はコチラからという青いバナーをタップして、配送版[冊子版]をお求めください。こちらのお支払い方法は、銀行振込のみとなりますが、お申し込みは

お名前・郵便番号・ご住所・お電話番号・メールアドレス

をご記入いただくだけの簡単なものです。
 今なら7大特典をプレゼント 

日高崇典(ひだかたかのり)から最後に

長いお手紙を読んでいただき、ありがとうございました。
あなたへの最後のメッセージをお送りいたします。

「中学英語がゼロからよくわかる本」の出版が決まったのは、ちょうど転職した塾で教え始めた頃でした。

その塾は、進学塾として知られていたのですが、私が教え始めた中2の下の方のクラスの子どもたちの、中1終了時の英語の成績は全員が3以下。ほとんどの子は、他教科も3以下でした。1年間、高い月謝を払って塾に通い続けたのにオール3レベルの成績しか取れなかった子どもは、親に文句を言われ、学校の友だちにはバカにされ、すっかり自信とヤル気をなくしていました。しかも、そんな子どもが十数人も集まっていたのです。私自身も、

【また、予備校で教えるのか…】

という感じでした(私は、どんなにできない子どもでも教えることができますが、ヤル気がなくて頑張らない子どもは嫌いなのです)。

そのクラスにいたのが、先程、紹介した中1終了時、国語1・英語2のBさんでした。成績はクラスの中で断トツのビリ。しかも、教えたことを理解するのに一番大事な国語ができない。100数十人教えた中卒浪人生の中にも、国語1の子どもはほとんどいませんでしたので、私は最初、Bさんのことを考えないようにして授業を行っていました。質問も、恥をかかせないようにできるだけ簡単なものを選び、最後の方で当てるようにしていました。しかし、私の予想に反して、みんなが「わかりません」と答える問題(授業で教えたこと)でも、Bさんだけはいつも正解するのです。宿題も必ずやってきましたし、他の子どもたちより早く来て、空いている教室でよく自習をしていました。私はいつからか、Bさんがわかっているかどうかで子どもたちの授業の理解度を判断するようになっていました。


3月の終わりの春期講習から始めて5カ月で、中学1年生〜中学2年生の7月までに学校で習うことを教え終わりました(かけた時間は、約50時間です)。この子たちに教えながら書いていたのが「中学英語がゼロからよくわかる本」です。ただし、この本に書いた内容は、同時に教えていた上の方のクラスの子どもたちに(公立高校の特進や難関私立高校を目指していた子ども)教えたことに近いもので、Bさんたちに教えたことは、「トコトン」に書いた内容に近いものです。

この本につけたサブタイトルは、"日高式3950分の奇跡"。私の教え方が、落ちこぼれの子どもに、中学3年分の英文法を66時間で教えた経験から生まれたことからつけたものでしたが、本を出版して10カ月後、国語1・英語2だったBさんが、英語5を取るという本当に奇跡的なことが起こったのです(中3の2学期の成績がわかったとき、Bさんに数学を教えていた先生が笑いながら「奇跡や」と言ったことを今でも覚えています)。

実は、この出来事にはエピソードがあります。私は、「ゼロから」の出版が予定されていた3月になったら、塾をやめるつもりでした。出版は副業になるのでその塾では禁止されていましたし、経営状況が悪く、私がいた本部教室以外の教室では、室長クラスの優秀な講師の多くがやめてしまったということを知ったからです。国語1のBさんを入塾させていたほどですから、かなり追い込まれていたのだと思います。また、当時の私にとって何よりも大事だったのは、中学英語ができるように教えてくれる先生に出会えなかった人のために、2冊の参考書と問題集を完成させることでした(出版社に出した企画は、それで通っていました)。中には、

「Bさんたちを途中で放り出そうとしたヒドイやつだ」

と思う人がいるかもしれませんが、Bさんたちは夏休み終了の時点で、すでに英語4以上を取れる力をつけていましたし、たとえ塾に残ったとしても、私が3年生になるBさんたちに教えることが決まっていたわけではなく、他教室に移動させられる可能性が十分にあったのです。私は塾長ににらまれていましたし、人手が足りず他教室でも教えていたからです。

結局、

「今、日高さんにやめられたら困る、もう少し助けてほしい」

と言う同僚たちや塾長の言葉にほだされて、同じ教室に非常勤講師として留まることになったのですが、本はヒットしているのに「ゼロから」の後編や問題集の原稿を書くどころではないという状況に追い込まれ、私は、出版のチャンスを逃すことになりました。しかし、それと引き換えに、 Bさんが起こした"奇跡"に出会うことができたのですから、人生、何が起きるかわからないものです。
※オール2レベルから英語4になった子どもは、その後、何人かいましたが、英語5まで伸びたのはBさんだけです。


あの時、もし塾をやめていたら、「ゼロから」の後編は書けていたのかもしれませんが、Bさんは英語で5を取ることはできず、京都市内の全日制の高校にも入れなかったと思います(Bさんの3年生2学期の成績は、京都市内のどこの私立高校〔単願〕の内申基準にも達しておらず、英語の成績が評価されて合格しました)。また、「ゼロから」と書くことができなかった「ゼロから」の後編とを合わせたものより、ずっと大きな効果があると思える「マニュアル」という教材と、超ロングセラーになっている「トコトン」という本も生まれていません。


このページをここまで読めているあなたには、Bさんよりはるかに高い理解力があります。あなたなら、大丈夫。きっと短期間で中学英語が攻略できると思います。今日から日高式の授業で、私といっしょに頑張りましょう!

よくある質問

Q1 オール2レベルの中学生でもわかりますか?

「マニュアル」で勉強するのに、通知表の成績や年齢は関係ありませんが(10歳から70歳の方まで喜んでいただきました)、今、ご覧いただいているこのページに書かれていることを理解できる力は必要です。

なお、私が、短期間に中卒のオール2レベルの子どもの大きな学力アップを果たしたことや、中1終了時に国語1・英語2だったBさんを1年半ほどの指導で英語5まで伸ばしたことから、「マニュアル」もそういう子どもを対象にしたものだと誤解される方がいらっしゃるかもしれませんが、「マニュアル」は、英語3だった人(中学生の場合は、他教科はオール4レベルを想定)の英文法の力を、1カ月程度(30時間)の勉強で学年トップレベルまで伸ばすことを目指して作ったものです。
オール3レベル前後、またはそれ以下の中学生の英語の成績を伸ばすことは、想像以上に大変なことです(オール3レベルの子どもは重傷、オール2レベルの子どもは重体だと思ってください)。学生講師の場合、1対1で教えても多くの場合は失敗するので、プロの講師による1対1の指導か、親御さんが「マニュアル」と「トコトン」を使って勉強しながら、お子さんにお教えになることをオススメします。

参考までに、私が「マニュアル」に書いたことと同じレベルのことを教えた、英語を苦手にしていた子どもの進学先をお知らせしておきます。

京都公立U類(特進)・同志社国際・同志社女子・関西大学第一・石山・守山など(以上、一斉授業で教える塾で指導)・東京工業大学附属科学技術・岐山・光・延岡など(以上ネット塾で1対1で指導)
※いずれも中2や中3から指導を始めた子どもの進学先です

「マニュアル」で勉強して、私が想定した結果を出した中学生

・塾に通うも高校入試の過去問で20点しか取れなかった愛媛県の中3生
→1カ月勉強して公立高校の入試で85点を獲得

・塾に通うも英語が超苦手だった大分県の中3生
→3カ月勉強して公立高校の入試で50点満点中48点を獲得

・どんなに頑張っても70点台しか取れなかった岡山県の中3生
→1カ月後に1学期の期末テストで90点台を獲得
→2カ月後に英検3級に合格
→6カ月後に英検準2級に合格

過去問で20点だった愛媛県の中3生が、どんなレベルの高校に進学したのかは知りませんが、他の2人はそれぞれ大分県、岡山県内の公立の上位校に進学しています。
●中学英語攻略マニュアルに関する質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
下記のフォームに必要事項をご入力の上、『送信する』というボタンをクリックしていただくと、 日高 宛に簡単にメールを送ることができます。
ここからメールを送ったのに返事が届かないという場合は、 お知らせ掲示板をご確認ください。
◆お名前またはペンネーム


◆メールアドレス

※半角英数字で入力してください。

◆キーワード

※迷惑メール対策のキーワードとして ひだか と入力してください。

◆ご質問内容