カスタム検索
 バリわか英文法のトップ
バリわか英文法  中間、期末対策プリント  英文法チェック問題   重要英単語   重要英熟語   暗記用重要文  英会話表現   英文法用語辞典

スポンサードリンク

 私たちは、これまでに、隠れた助動詞 do ( does ・ did )と未来を表す(=未来形を作る)助動詞 willに
ついて学びましたが、この章では、本格的に助動詞について勉強します。

 まず、助動詞の特徴(性格)をまとめてみます。

助動詞の特徴(性格)

 1.動詞のすぐ前(左側)に書く

 2.スケベ…すぐ後ろの動詞をハダカ(原形)にする

 3.疑問文・否定文を作る

 この3つが、助動詞に共通した特徴(性格)で、もちろん今回習う新しい助動詞たちにもこれらの性格が
あります。

 それでは、中学で覚えなければならない助動詞について1つ1つくわしく学んでいきましょう。

隠れた助動詞 do

 これは、すでに学んだもので、あなたもよく覚えていると思います。do という助動詞は、ふだんは一般
動詞のすぐ前に、忍者のように隠れていて、

 「疑問文・否定文を作りたいが、be動詞も助動詞(現時点では、is ・ am ・ are ・ was ・ were ・ will
  の6つの単語)もないゾ。困ったなぁ」

 という場合に使うのでしたね。そして do には、他の助動詞には見られないドスケベという性格があり
ました。すなわち、主語が三人称単数形で現在形の場合、すべての動詞は s (=三単現の s )という服を
着ますが、do はこの s という服をぬがして自分が着て does となリます。また、動詞が過去形の場合、
規則動詞は ed という服を、不規則動詞は様々な過去という服を着ますが、do はそれらの服をぬがして did
となるのでしたね。以上が、隠れた助動詞 do のポイントです。もう1度しっかりと確認しておきましょう。

 ( do ) 動詞s → does 動詞(ハダカ)
疑問文や否定文を作る

 ( do ) 動詞ed doed ではなくdid 動詞(ハダカ)
疑問文や否定文を作る


このページの続きは、「中学英語攻略マニュアル」でご覧いただけます。

攻略9 未来形を征服せよ!へ - 96 - 攻略11 There 〜. の文を征服せよ!へ
>> 攻略1 主語と動詞を征服せよ!へ >> 攻略2 be動詞を征服せよ!(1)へ >> 攻略3 一般動詞を征服せよ!(1)へ
スポンサード リンク