カスタム検索
 バリわか英文法のトップ
バリわか英文法  中間、期末対策プリント  英文法チェック問題   重要英単語   重要英熟語   暗記用重要文  英会話表現   英文法用語辞典

スポンサードリンク
次の例文には、これまでに学んできたいろいろな文と比べて、大きく異なるところがあります。いったい
どんなところがちがっているのか、じっくりと観察してみましょう。

例 文

 (1) Look at the map.

 (2) Get up at six.

 (3) Open the window.

 (4) Go to the library.

 (5) Play baseball.


 さあ、どんなことに気づきましたか?

 答えは、「動詞(何かするウーと訳せる単語)が1番前にある」あるいは

     「主語(「〜は」と訳せる語句)がない」

 ということですが、仮にそう思ったとしても、それが求められている答えだろうと自信を持って答えられた
人は、少なかったのではないでしょうか。

 「エッ、カンタンに答えられた?」

 単純にスッと答えられても、困るのですよ。攻略1のところで、英語では、文の1番前(左側)に主語を書き、
主語のすぐ後ろ(右側)に動詞を書く
という大切なきまりがあることを学びましたね。そして、この重要なきまり
があるおかげで、私たちは、どの語句が主語で、どの単語が動詞であるのかを見分けることもできたのです。
しかし、これらの5つの例文は、この大切なきまりを完全にムシしています。

主語のないような文で、いったいどんなことが表されるのでしょうか?

主語のない文の正体

 何かをするように言いつけることを命令と言いますが、人に何かを命令するとき、命令をされる人は、命令を
する人(自分)の目の前にいる人になります。友だち・兄弟・お父さん・お母さんなど、いろいろな人が考えられ
ますが、ひと言で言えば「あなた」や「あなたたち」になります。命令は、いつも「あなた」か「あなたたち」
になされるわけですから、やがて「あなたは」や「あなたたちは」というコトバをユウ( You )必要がなくなっ
てしまいました。そうして生まれた「あなたは」や「あなたたちは」という主語のなくなった文を命令文と呼ん
でいます。


このページの続きは、「中学英語攻略マニュアル」でご覧いただけます。

攻略11 There 〜. の文を征服せよ!へ - 124 - 攻略13 感嘆文を制服せよ!へ
>> 攻略1 主語と動詞を征服せよ!へ >> 攻略2 be動詞を征服せよ!(1)へ >> 攻略3 一般動詞を征服せよ!(1)へ
スポンサード リンク