バリわか英文法のトップ
カスタム検索
バリわか英文法  中間、期末対策プリント  英文法チェック問題  重要英単語  重要英熟語  暗記用重要文  中学英語ポイントノート  英文法用語辞典

Part13 感嘆文の攻略

スポンサーリンク
ひだかたかのりが91年に出版した「日高式3950分の奇跡 中学英語がゼロからよくわかる本」(改訂版)のPart13を公開しています。
 いよいよ最終章になりました。最後まで気を引きしめて攻略していきましょう。

感情の表し方のちがい

 何かを見たり、聞いたりするとき、私たちの心には、驚き・喜び・悲しみなどいろいろな感情が起こります。
そういう心の中に起こる感情を、英語では、どのように表すのでしょうか。この章では、感情表現の最高ランク
に当る感嘆文について学びます。

 まず最初に、日本人と英米人が、程度の異なるきれいなものを見たとき、どういう反応をするのか比べて
みましょう。

 第一段階=(日本人にとっては)たいしてきれいだとは思えないものを見たとき

 第二段階=(日本人にとっては)まあまあきれいだと思えるものを見たとき

 第三段階=(日本人にとっては)かなりきれいだと思えるものを見たとき

 第四段階=(日本人にとっては)ムチャクチャきれいだと思えるものを見たとき

 とします。

  日本人 英米人
第一段階 「………」 “ Beautiful. ”
第二段階 「きれいだ」 “ Very beautiful. ”
第三段階 「きれいだなあ」 “ How beautiful! ”
第四段階 「………」 “………”

 第一段階=この段階では、日本人は、まだ、美しさを感じないので、ほとんど何も言いません。一方、英米人
の多くは、この段階で、すでに美しさを感じとって“ Beautiful(きれいだ). ”と言います。しかし、まだ、
あまり感情はこもっていません。

 第二段階=この段階になると、日本人の中にも、美しさを感じ取る人(特に女性に多いようです)がパラパラと
出てきて、「きれいだ」というコトバを口にするようになりますが、まだ、あまり感情はこもっていません。
一方、英米人は、この段階になると、beautiful という単語の前に、very (とても)という単語をつけて、さらに
美しさに感じ入ります。日本人に比べると、感情もかなりこもっています。

- 134 -

「Part13 感嘆文の攻略」のポイントノート(全2ページ)は >> こちら
「中学英語がゼロからよくわかる本」のPart1〜4は、完全公開しています。>> こちら
「中学英語がゼロからよくわかる本」と未出版の続編を教材にしました。>> こちら
※この教材をお得にゲットできるキャンペーン実施中です! >>こちら
スポンサーリンク