日高のバリわか英文法
中間、期末対策プリント  中学英文法チェック問題  中学重要英単語  中学重要英熟語  中学重要基本文  中学英語ポイントノート  中学英文法用語

Part8 進行形の攻略

塾講師ひだかたかのりが出版したヒット作「日高式3950分の奇跡 中学英語がゼロからよくわかる本」のPart8を公開しています。
スポンサーリンク
 今日の授業は、

 (1)「光一はギターをひきます」  という文と

 (2)「光一はギターをひいています」という2つの文を比べることから始めましょう。

 (1)の文からは、光一君には、毎日、あるいは毎週、決まった曜日にギターをひく習慣があるというような
ことがわかります。また、(2)の文からは、ギターをひくという動作が、今、実際に行われていて、光一君が
ギターをひいている様子が目の前に生き生きと浮かんできますね。

 さて、私たちは、これまでのところで、動詞の現在形と過去形について学んできました。現在形を使うと
「~する」「~します」という内容を、また、過去形を使うと「~した」「~しました」という内容を表す
ことができますが、これらは、現在や過去の習慣的な動作を表す形で、現在や過去に行われた動作を目の前に
生き生きと浮かびあがらせることはできません。現在や過去の動作を生き生きと浮かびあがらせるには、
いったいどうしたらいいのでしょうか?

日本語の進行形

 進行形とは、ある動作が、今、目の前で生き生きと行われていることを表す形です。日本語では、動作の
進行を表す場合には、「~ている」とか「~ているところだ」という語句を動詞の後ろにつけます。

 たとえば、「遊ぶ」という動詞は →「遊んでいる」「遊んでいるところだ
      「食べる」という動詞は→「食べている」「食べているところだ

 などと表します。

英語の進行形

 英語では、動作が行われていることを表す場合、三単現の s や過去形を表す ed をつけたように動詞自身
を変身させます。変身のさせ方は、まず、動詞をハダカ(原形)にし(動詞は着せ替え人形でしたね)、それから、
動詞のシッポ(語尾と呼びます)にing をつけます。これで動作が行われていることが表わせます。英文法では、
この動詞の語尾に ing をつけたもの現在分詞と呼びます。

 ところで、現在分詞は「~ている」とか「~ているところだ」という動作の進行を表すものですが、文法上
動詞ではないということをここでしっかりと記憶してください。

 ■現在分詞(~ ing )は動詞ではない!

- 75 -

進研ゼミの教材作成スタッフからも高く評価された、幻の参考書「中学英語がゼロからよくわかる本」のサブタイトルは
「3950分の奇跡」。約66時間で起こった奇跡とは?そして、この未完成だった参考書の完全版を使って、過去問で20点
しか取れなかった子どもが1カ月後の高校入試で…>> もっと見る
スポンサーリンク