英文法用語辞典のトップ
カスタム検索
バリわか英文法  中学英語ポイントノート  中間、期末対策プリント  英文法チェック問題  重要英単語  暗記用重要文

be動詞の過去形(ビーどうしのかこけい)


be動詞の過去形(「〜でした」)にはwas, wereの2つのものがあり、主語によって使い分けます。

 wasとwereの使い分け
主語 be動詞
I・三人称単数形 was
You
複数形
were


疑問文
was, wereがある文では、主語とwas, wereの語順をヒックリ返して疑問文を作ります。また、Yesや
Noの答えの文でもwas, wereを使います。

(例文)
You were a student. Were you a student?
(あなたは学生でした。) (あなたは学生でしたか。)

Yes, I was. No, I was not[wasn't].
(はい、そうです。) (いいえ、ちがいます。)


否定文
was, wereがある文では、was, wereの後ろにnotを書いて否定文を作ります。

(例文)
I was a student. I was not[wasn't] a student.
(私は学生でした。) (私は学生ではありませんでした。)
スポンサード リンク


be動詞の過去形については、「中学英語攻略マニュアル」を使ってわかりやすく学ぶことができます。
参考ページ
攻略2 be動詞の現在形を征服せよ!
攻略6 be動詞の過去形を征服せよ!
過去形
主語
三人称単数形
複数形
疑問文
否定文

スポンサード リンク