中学学習サイトegao21
このページは、入試1カ月前に過去問で20点しか取れなかった中3に、入試で85点を取らせた教材の一部です。
> 完全版はこちら

Part1 主語と動詞の攻略 - 1 -

 今日は、英語の授業で何度も出てくる主語(しゅご)動詞(どうし)というコトバについて攻略します。いきなり文法用語が出てきて「イヤだなぁ~」と思ってしまったあなた。日高式ならカンタンですよ。イヤがらずに読んでみてください。

日本語の主語

 主語とは、文の人公になるです。1つの文の中には、主人公がいる(ある)のです。

それでは、 主語がどんなものなのか実際に見てみましょう。

 1.まゆみは速く走れます。

 2.私は中学生でした。

 3.あの男の子がケンです。

 4.彼女はピアノをひいていました。

 5.これがぼくのかばんです。


 下線を引いた語句が主語です。下線部の最後のひらがなに注目してください。「は」か「が」になっていますね。日本語では普通、主語を「~は」とか「~が」という形で表すのです。このことから、日本語の主語は、「は」や「が」というひらがなを目印にして探せばいいことがわかります。

 ところが、英語には「このコトバは主語だゾ」という目印になる「は」や「が」というひらがなのようなコトバがありません。

 では、英語の場合は、いったいどのようにして主語を探せばいいのでしょうか。


be動詞の現在形の攻略
一般動詞の現在形の攻略