中学学習サイトegao21
このページは、入試1カ月前に過去問で20点しか取れなかった中3に、入試で85点を取らせた教材の一部です。
> 完全版はこちら

Part3 一般動詞の現在形の攻略 - 1 -

この章を読む前に、Part1の「主語と動詞」の攻略の章を読んでおくことをオススメします。

 攻略2で、be動詞について学びましたが、ここでは、be動詞以外のすべての動詞(=一般動詞と呼びます)について勉強しましょう。

日本語の動詞

 まず、日本語の動詞を思いつくままにいくつかあげてみます。

 走る・食べる・飲む・書く・笑う・歌う…。

 これらのコトバに共通することは、まず、何らかの動き(動作)を表しているということです。そして、それぞれのコトバの最後のひらがなをのばすと、“ウー”という音になるということですね。

 (例)走るウー・飲むウー

 これが、日本語の動詞の特徴です。




英語の動詞

 攻略1のところで、英語の動詞は書かれる場所がキチンと決まっているということをお話ししましたが、いったいどこに書かれるのだったか、覚えてますか? 主語のすぐ後ろ(右側)に書かれるのでしたね。これが、私たちがすでに知っている動詞の特徴の1つですが、その他にも何か考えられないでしょうか? 私たちは、すでに、be動詞について攻略2のところで学んだのですから、…。

 「そうか be動詞も一般動詞も同じ動詞なのだから、共通する特徴があるかもしれないなぁ」

 なんて考えられれば最高です。

 それでは、be動詞と比べることによって、一般動詞の特徴を発見してみましょう。まず、be動詞の特徴を思い出してください。

be動詞の特徴


1.主語で変身する

2.疑問文や否定文を作る 

3.動きを表すコトバがなくて、困った時に使う

 以上の3つでしたね。

主語と動詞の攻略
be動詞の現在形の攻略