中学英語の学び方のトップ
バリわか英文法  中間、期末対策プリント  重要英単語  重要英熟語  暗記用重要文  英会話表現  中学英語ポイントノート  英文法用語辞典

参考書を使った中学英語の学び方「疑問詞を使った疑問文・一般動詞(現在形)・複数形」


スポンサーリンク

攻略6 疑問詞を使った疑問文(P.71〜76)


下線部を問う疑問文の作り方を覚えましょう。
※下線部を疑問詞に()えて文の1番前に書くことと主語と疑問文を作る単語をヒックリ返すという2つの作業をするため、
マスターするのに時間がかかる人がいます。そこで、問題練習をする度に「ヒックリ返してピョーンと疑問詞」というフレーズを
つぶやくようにして2つの作業を覚えましょう。

(注) この時点では、be動詞の現在形しか習っていないので

This is a pen. →What is this?
これはペンです。 これはですか。
※日本語の場合は、「ペン」を「何」にかえるだけですが、英語では語順(=単語の順番)もかわります。

He is Ken. →Who is he?
(かれ)ケンです。彼はだれですか。
※日本語の場合は、「ケン」を「だれ」にかえるだけですが、英語では語順もかわります。

ぐらいしか教えてはいけません。


攻略7 一般動詞の現在形(P.18, 95)


主語は「〜します(する)」という内容を表したいときに使う動詞を一般動詞ということを覚えましょう。
「〜します(する)」以外の内容を表したいときに be動詞を使うということを覚えるとbe動詞の使い方がわかるようになります。

(例) 「あなたは学生です。」 「彼女はかわいい。」 
   どちらの文にも「〜します(する)」ということばは使われていないので、be動詞を使います。

    You are a student. She is cute.

※現在形ということばについては過去形を習うときに覚えればOKです。

主語 動詞 「〜を」 その他.という語順を覚えましょう。
※英語では主語の次に動詞を書き、「〜を」ということばがある場合には動詞の次に書くことをしっかりと覚えましょう。

「私はテニスをします。」→「私は します テニスを。」
 I play tennis.

「私は毎日テニスをします。」→「私は します テニスを 毎日。」
 I play tennis every day.

ただし、like(好きです) や want(ほしい) という動詞を使った文の場合は、「〜を」ということばが「〜が」となっているので、注意しましょう!

「私はすしが好きです。」→「私は 好きです すしが。」
 I like suhi.

「私は自転車がほしい。」→「私は ほしい 自転車が。」
 I want a bike.


攻略8 一般動詞(現在形)の疑問文と答え方(P.52〜55, 57〜60)


主語と動詞の前にかくれている do の順番を入れかえて[ヒックリ返して]文の最後に? をつけて疑問文を作る
ことを覚えましょう。

Doで始まる疑問文には do を使って3単語で答えることを覚えましょう。
※疑問文の主語を代名詞に代えるパターンの内、P.60の2〜4に代えるパターンをしっかりと覚えましょう。

ここまで終了したら、

I study English. → What do you study?
私は英語を勉強します。 あなたは何を勉強しますか。

という疑問詞で始まる疑問文の作り方も覚えましょう。

@ 疑問文にかえる前の文の I を you にかえる
A 下線部をwhatにかえる
この時点で、I study English. は you study what. になる
B youの後ろにareがないので、youの後ろにかくれているdoが出てきて you do study what.
Cヒックリ返して(do you study what.)、ピョーン(What do you study?)


攻略9 一般動詞(現在形)の否定文(P.63〜64)


動詞の前にかくれている do の後ろに not を書いて否定文を作ることを覚えましょう。

攻略7〜9までの内容を私が塾でどう教えてきたかは、「中学英語がゼロからよくわかる本」のPart3 を公開しているので参考にしてください。


攻略10 複数形(P.25)


名詞に s または es をつけると複数形になることを覚えましょう。

s のつけ方を覚えましょう。(P.20〜21参照)
動詞に s をつける場合と同じですが、「トコトン」には書いていないので、ここでまとめておきます。

shで終わるもの … dish(おさら)→ dishes
chで終わるもの … watch(うで時計)→watches
oで終わるもの … tomato(トマト)→ tomatoes
yで終わるもの … city(市)→cities
※学校で教えられたものだけを覚えておきましょう。s をつけるとだけ教えられた場合は、テストで es をつけるものやiesとなるものは
出されません(ただし、塾などのテストでは確実に出題されるので、覚えられる人はここで覚えておくことをオススメします)。

ここまで終了したら、

I have two dogs. → How many dogs do you have?
私は2ひきのイヌをかっています。 あなたは何びきのイヌをかっていますか。
という疑問詞で始まる疑問文の作り方も覚えましょう。

@ 疑問文にかえる前の文の I を you にかえる
A 下線部を how manyにかえる
この時点で、I have two dogs. は you have how many dogs. になる
B youの後ろにareがないので、youの後ろにかくれているdoが出てきて you do have how many dogs.
Cヒックリ返して(do you have how many dogs.)、ピョーン(How many dogs do you have?)
※数字の後ろにある「〜s」という単語もいっしょに前に飛び出させるのがhow manyの文のポイントです。

攻略10の内容を私が塾でどう教えてきたかは、「中学英語がゼロからよくわかる本」のPart4 を公開しているので参考にしてください。


もっとくわしい教え方やテストに出る問題のパターンと解説を知りたい方には「中学英語攻略マニュアル」をおススメします。
スポンサーリンク